ほぼ毎週火曜日は まち農家であれこれを やっていこうと思います~ 農作業の流れ 季節の巡り わたしの気分次第で 行雲流水~ ころころ変わります~

【ご協力お願い】
ひっそりと暮らされている密接した民家の中の活動です。ひっそりこっそりとお願いします。

★大声でのお話や特に路地での立ち話などはボリュームにご配慮くださいませー
お店ではなく、私自身の暮らしの延長としてみなさんと交流する場です。
HPにアップしますが、不特定多数の大勢の方に告知しているというより、
こういう情報が必要な方に出会っていただくために公開しています。
★友人の家を訪ねるような気持ちでいらしていただけるとありがたいです。
 初対面の方で、ご興味おもちいただいて、ご来場の際も、できれば
「お問い合わせ」から、事前にひとことメッセージをいただけますか。
 おたがいにドキドキびくびくしなくて、いいのではないかと存じます。
 たとえば、「友人の家に行く感覚」というのは、そういうところかと存じます。
ご紹介するモノについて作者がいらっしゃる場合は、素晴らしいものである。
そこに注力しています。自宅を開放しているだけなので、「場」に対しての過大な期待にはお応えできません。
★ご提案ご提供できることは、ささやかなことでしかありません。互助的な関係でいさせてくださいませ。
DSC_2457
ひっそり ちいさく ゆったり
そんなイメージで、生暖かく見守っていただけますよう
まことに勝手ではございますが、細く長くよろしくお願いいたします。
【まち農家でしていくことのご紹介】
小さいままで 豊かになること
自由なままで つながりももてること
たとえば・・・
■オトリヨセ祭■たすきがけ事業所の友人が作ったモノをご紹介して、ほしい人がほしいだけ申し込んで、みんなで取り寄せてみんなで分ける活動です。
★いいこと/ ふつう手に入らないモノが手に入る 送料負担が軽減される 少量で手に入れられる
★たいせつなこと/ あらたな出会いがあること フラットな関係が広がること
・小さな生産者さんは、モノづくりに丁寧に時間をかけるから出会いの場に出るひまがない、
モノに気持ちを込めるから、多くを語らない、手間暇をおしまないから収入が少ない
・毎日の暮らしをやりくりする町の人は、新たな経験をするにはいちいちお金がかかる、手間暇かけるためのひまがない、出会いをどんどん広げるつてがない
大切に日々を過ごすと、スケールが小さくなるのは必然だと感じています。
だから、みんなが大切にしている規模はかえずに、出会いをつむぎたい。
小さなままで豊かに生きたい。そんな気持ちです。
わざわざご予約いただいたり、わざわざ「まち農家」までお運びいただくことで、
出会いの機会を作るためのコストを、互助的に担っていただいています。
だれにとっても、少しの負担で、でも喜びが多い。そんな活動を目指しています。
そのほかに・・・
■ご飯を食べる■スペシャル食材で作ったご飯を提供します。基本的にたすきがけ事業所自身が食べるご飯をついでに多めに作って、友人と一緒に食べるだけの企画です。ご案内は、友人知人だけに限っています。
・よそ様のブランチ/たまには贅沢したい気持ちをかなえる土曜日のブランチ新企画
・オトリヨセ三昧/スペシャル食材をあれこれ食べてみる企画
・たっぷり晩ご飯/野菜市などのあとに、運ばれた野菜を食べつくす企画
・ふらふら晩ご飯/ご飯を多めに作った時に友人が仕事帰りにふらっと立ち寄って食べる企画
・大晦日お正月開放/実家代わりの出入り自由まったり企画
などなどです。
■暮らしを作る■基本的な素材や技や道具や場だけの提供で、何かを一緒に作る企画です。ワークショップとはいえない、「お店」「サービスの販売」ではなくて、実費に数百円の運営費をいただいて、一緒に作業を楽しむレベルです。すばらしい先生が来てくださる時は、ワークショップとして特別価格でご案内します。ワークショップ以外のちいさな活動は時々公開されます。
・麦わらヒンメリ&稲わらしめ飾り カミングスーン
・味噌醤油づくり
・大量キューちゃん漬け
・七草摘みからの七草粥づくり
・ベンガラ染め替え
これからどんどんやまもりてんこもり活動の中心に
■話す&聞く■直接の出会いをかなえる企画。リラックスしてきちんと伝わる場にしたいです。ごく少人数で実施してきましたが、少し間口を広げます。
・実施済み  ちいさな農の話 たすきがけ事業所が話す
・実施済み  糞土師 井沢正名さん お話会
・実施済み  綾部市移住 粒々屋五彩さん お話会
・カミングスーン  和歌山移住 道草屋さん お話会
ゆっくり企画をすすめます。そのプロセスこそ出会い直しのありがたいチャンスです。
ということで、
ぼちぼち まいります。
ときどき おたちよりください。
[facebook_like_button]
このページの先頭へ