たねはた2回目
開墾って感じで たのしいな
こつこつ 手刈りで パラパラ 蒔いて

 

という当初の目論見は はやくも変更
畑を借りた 農家さんに 草刈り機をかりて

刈る。

背丈を越すくらいの 草
木化(もっか)して 容易に切れない 多年草の草
地を這い 機械の歯ですくえない 草
やわらかくて とらえどころのない 草

生き延びるための 多様性

残り全部 刈ったるぞー と意気込んでいた
当初の目論見は 早くも 挫折

まだあと 半分くらいを残し

冬野菜の種を 10種類まいた
何を蒔いたんですか?
ワクワク 質問されそうだけれど
ろくに お世話もできないし
蒔いた時期も 遅いし
ないしょです。。。。

消毒されていない 種をみて
初めて 種の形がわかって 感動したり
まきながら 虫がいっぱいいてるから
すぐ 食べられてしまいそうやなーと
牧歌的な 空想話をしたり

おやつに
栗や 豆を 食べたりして
今日も たのしい 充実した 一日でした
写真は 一枚も とれませんでした
そんなのも また いいね♪

 

[facebook_like_button]
このページの先頭へ