節分

2015年2月2日

ことしは、とくに「二十四節季」を意識して暮らしてみます。季節の巡りに導かれて「自然体」になるような気がします。町中の卸売 …

正月最初の子の日に、有機農家さんの里山に出かけて若菜摘み、町に帰って七草粥づくりしました。

このページの先頭へ